ゆるい言語活動のすゝめ

うえみずゆうきとけんぞーによる対談企画です。テキストときどきラジオ。

シェアリングエコノミーの弊害について 第48回ゆるい言語活動のすゝめ

f:id:uemizu:20170824083559p:plain

第48回 ゆるい言語活動のすゝめ

[スポンサーリンク]

テーマ「シェアリングエコノミーの弊害について」

けんぞー: 早速ですがうえみずさん、中国にある合肥新華書店三孝口店という書店をご存知ですか?

うえみず: 確か、シェア書店?シェア図書館?的なやつでしたっけ?斬新なアイデアですよね。
けんぞーさんは、新華書店をどう見ますか?

けんぞー: そうです。世界初の『本をシェアできる』書店です。
デポジットを払うと本を2冊まで借りられるシステムですが、あれってちゃんと儲けがでるのかと。少なくともおれは借りはするけど買わないと思います。そしてそういう人が多数ではないかと思います。
あれを見てて思うのは図書館以外でどんどん本をシェアできる場所が増えると著者の印税・出版社の取り分が減っていき、創作意欲が減るのではないかと思うのですが。

うえみず: そうですね、いわゆる職業作家は減っていきそうですね。でも、バカ売れはしないけれど、そこそこ売れるインディーズ作家は増えそうですけどね。どちらかというと出版社のほうが心配です。創作意欲うんぬんより、利益出してなんぼでしょうから。

けんぞー: 出版に限らず、自動車やファッションなんかもいまじゃシェアされる世の中ですから、製造や販売なんかは売れ行きが悪くなる可能性があります。そうするとお金の循環が滞り、不景気なのが益々不景気になる。
そうするとシェアリングエコノミーは経済的にあまり歓迎されないシステムのように思えるのですが、どう思いますか??

うえみず: シェアリングエコノミーって、つまるところ「ヒト・モノ・カネの遊休資産の活用」ってことだと思うんですよね。まっすぐ考えるなら、遊休資産を持ってる側も、それを活用してビジネスする側もwin-winで儲かるという理屈ですよね。
ほんとうに困るのは、経済界全体というよりは、「自分たちは遊休資産を持ってない」もしくは、そう思い込んでいるタイプの企業じゃないですかね。遊んでいる資産が動くのと、働いている資産が止まるのとはなんだかんだ相殺されるんじゃないかなと思います(笑)
プレイヤーが入れ替わるだけ、というか。

けんぞー: Airbnbやあきっぱのようなサービスは遊休資産の活用と言えますが、消費者にシェアしてもらうために商品を仕入れるのは遊休資産の活用とは言い難いですよね。
そうすると物を購入するのはシェアリングサービスを提供する企業がメインで消費者はレンタル料を使うだけになる。
例えば、地方だと1人一台車がないと生活できない地域がありますが、そこにシェアカーのステーションがあちこちに出来ると車の購入率が下がって自動車メーカーの業績が悪くなるかもしれません。自動車に限りませんが、そのような場合、個人が購入という形で消費をする機会がなくなると経済的な打撃もあるのかなと。

うえみず: たとえば、自動車メーカーがシェアカーのステーションをつくってしまえばいい。購入台数は減りますが、車を買えなかったような層にも車に乗ってもらうことができます。購入による売上か、シェアによる売上かの違いだと思います。
ただ、購入台数が減るとなると、車をつくっていた工場や部品工場とか、製造サイドには打撃でしょうね。ただ、必要ないモノを作り続けるっていうことのほうが異常だと思うので、これは仕方ないっちゃ仕方ない。

けんぞー: 現代は物が溢れてる時代なので、必要ないものがあるように見えますが、必要ないものでも作り続けないとお金が回っていきません。なので資本主義社会としては必要性の有無関係なしに物を作るのは正常なことです。なので、物を作るメーカーが積極的に物を作らなくなると経済的に打撃を受けます。そしてそれは雇用の問題にも直結します。
例えば日本でベーシックインカムが導入されることは当分ありませんが、それより先にシェアリングエコノミーが普及してしまうと、失業率が高くなる、税収が減るのに生活保護費が財政を圧迫するなどの弊害が出でくると思いますが、その辺はどうお考えですか??

うえみず: おっしゃる通りです!ぼくが言いたいのは資本主義は限界だということです(笑)
資本主義にとって正常な動きも、もし資本主義が限界だとしたら、限界なものを持続することは異常といえるのではないでしょうか。
「資本主義の次はどうなるの?」って、多分いろんな人が考えてきたけど、満場一致で次のステージに進もうということには決してならない。だったら「シャアリングエコノミー」でも「ベーシックインカム」でも実験的にやればいいんです。やれば見えてくる。それがよいものなら広がる力が働くし、微妙なら淘汰される。あれこれ考えずにまずはやってみるって大事だなと。

けんぞー: 資本主義の限界みたいな話はよく聞きますね。だからと言って資本主義の次の社会システムが構築できていないので現状維持しかできないのも事実ですが…。
シェアリングエコノミーは民間企業がどんどん主導してくるので直ぐに普及しますが、ベーシックインカムも『とりあえずやってみる』がまだまだできそうにないですね。
このシェアリングエコノミーは普及したけど、ベーシックインカムがない状態でみんな稼げていない、直近の課題はここをどうフォローしていくのかが大事だと思います。

[スポンサーリンク]


パーソナリティ

うえみずゆうき

音楽家。福岡県田川郡出身、福岡市在住。バンドhomesickのボーカルギターやソロ活動を行なう。その他、ローカル音楽メディアNarrative代表など。

Twitter @y_uemizu

けんぞー

ニート時々物書き。佐賀県在住。けんぞーのショートショートで作品公開中。その他にも、ブログ 『けんぞーの佐賀で過ごす自堕落な日々』など執筆。

Twitter @kenzo_moratoriu