ゆるい言語活動のすゝめ

うえみずゆうきとけんぞーによる対談企画です。テキストときどきラジオ。

『自己啓発本の意義について』 第61回ゆるい言語活動のすゝめ

f:id:uemizu:20171203125017j:plain

[スポンサーリンク]

テーマ「自己啓発本の意義について」

うえみず: 世の中には、自己啓発本なんか意味がないという人や、反対に自己啓発本ばかり読んでいるような人がいるように思います。読書家といって過言ではないだろう、けんぞーさんにとって自己啓発本ってどんな存在なんですか?

けんぞー: 自己啓発本はあまり読まないのでなんとも言えないですが、イメージとしては自己啓発本って著者のマッチョな思想をひけらすオナニー本だと思ってるんですけど…。読む方はやはり成功したいとか漠然と思っていて、どうすればいいか分からなくてとりあえず読んでみる本って感じなんですかね?
うえみずさんにとってはどうですか??

うえみず: 読書しない人におすすめしたいですね。というのも、ぼくって本を読むようになったのが27歳ぐらいの時で。勉強の隙間に平積みされてた本を手に取ったら自己啓発本だった。でも、読みやすくて全部読めちゃったんです。そういう意味で、全く本読めないような人が入口で読むのには良いのかもなと思いますね。意識高いこと1冊分ぐらいインプットしても害はなさそうですし(笑)

けんぞー: 文字も大きめですし、厚さも薄いのがあるので活字入門にはいいかもしれないですね。自己啓発本も色々あると思いますが、どのようなものを読むんですか?

うえみず: 最初という意味ではなんでもいいと思います。今の自分の境遇ににピンと来るようなやつなら。ただ、何冊か読むと別に読んでも同じことの繰り返しやなという気持ちになって来ます(笑) 今はほとんど自己啓発本を読まないんですが、読むとしたらすごくヒットしたものだけを読む感じですかねー。最近のものは読まないですね。
けんぞーさんはまったく読んだこともないって感じですか?

けんぞー: 全く読んだことないやけじゃないですね。ミーハーなので今年は堀江貴文や西村博之の本を読んでみましが、まったく啓発されませんでした(笑) 正直、金持ちが一般大衆に向けた本って説得力ないよなーと思っています。成功した人っていうのはパーソナリティ、スキル、親の教育など複合的に要因が絡まっていると思うので、自分もできたからあなたもできる!なんて有り得ません。また本の冒頭で自分は落ちこぼれだったみたいな記述があって、著者のプロフィールを読むとかなり高学歴だったりするので、誰が読んでるんだろうと書店のビジネス書コーナーの前を通る度に思います。

うえみず: まあ、多くがその人の体験談だったりしますからね。自分とは違うと思うと「へー」って感じですよね(笑) 共感ポイントがもし1つでもあれば、記憶に留めるなり実践するなり、でいいのかなと思っています(笑) そうなると、そんなもの読む価値あるのか?!と言われるかも知れませんが…。

けんぞー: 読みたい人は読めばいいし、読みたくない人は読まなければいいんじゃないですかね。そこに価値を見出す人がいるから売られてるわけですし。

うえみず: それを言えば、この世のすべてがそうですよね(笑) 結論としては、どうでもいいってことですかね(笑)

けんぞー: どーでもいいと言うか、個人の消費活動について他者が「これ買うの意味ないじゃん!」って言う権利はないと思うのです。それに、自己啓発本を読んで救われたみたいな人もいるでしょうし。なので、一概に自己啓発本なんて読んでも無駄!とか言い切れないなーと言う感じですかね。
おれは自分が読んでも意味ないから読まないって言うスタンスです。それは食わず嫌いではなく過去に十数冊読んで統計的に導いた結論みたいな(笑)

うえみず: 統計的に導いた結論(笑) いいですね!それどこかで使わせてもらいます(笑)
実は、ぼくも同じような感想でして…。結局、ある程度の数読んで思うのは、それぞれ通ずるところが多いような気がしてて。個人的には、何冊か読んでみる意義は大いにあると思うけど、限界効用逓減の法則が働きやすいジャンルの本なのかなという印象です。ただ、けんぞーさんが言うように、他者がああだこうだ言ってもしょうがないと思うので「読みたい人は読めばいいし、読みたくない人は読まなければいい」ということになってしまいますね(笑) 自己啓発本おすすめです!ありがとうございました(笑)

[スポンサーリンク]


パーソナリティ

うえみずゆうき

音楽家。福岡県田川郡出身、福岡市在住。バンドhomesickのボーカルギター、ローカル音楽メディアNarrative代表など。

Twitter @y_uemizu

けんぞー

ニート時々素人物書き。佐賀県在住。けんぞーのショートショートで作品公開中。

SNSの類はやっていません。御用の方はこちらのメールアドレスまで(携帯のキャリアのメールから送られると、返信するとき届かないことがありますので、設定を変更してお送り下さい):koga.ken.20xx@gmail.com