ゆるい言語活動のすゝめ

うえみずゆうきとけんぞーによる対談企画です。テキストときどきラジオ。

『情報過多の時代において、情報の取捨選択をどのように行なうべきか!?』 第58回ゆるい言語活動のすゝめ

今回から新企画として語り形式でも更新していくことになりました!これまでの対談形式だけではなく、「相手に聞いてみたいテーマを振り、振られた人がそれについて書く」という、いわばテーマが相手から降ってくるブログです(笑)対談の回と併せて、引き続きお楽しみください。

[スポンサーリンク]

テーマ「情報過多の時代において、情報の取捨選択をどのように行なうべきか!?」

【はじめに】

先週に引き続き新企画です。改めて新企画について説明すると、自分が考えたテーマで相手に文章を書いてもらったらどうなるかを試みる企画です。今回は相方のうえみずゆうき(@y_uemizu)が考えたテーマで僕が文章を書きます。
今回のテーマは『情報過多の時代において、情報の取捨選択をどのように行なうべきか!?』です。

【うえみず氏がこのテーマを設定した理由】

テーマを決めて送って下さいとうえみず氏に依頼すると、この様な文面でテーマ設定の理由が送られて来ました。

けんぞーさんは色々な情報をよく知っているなーといつも感心させられています。そんなけんぞーさんが思う情報の取捨選択の基準、ツールなどなど、けんぞーさんが思う情報収集のコツなんかお話してほしいです!

この文面を読むとうえみず氏から僕はよほど物知りに思われているらしいことが伺えます。はっきり言いましょう。買い被り過ぎですよと。
確かにうえみず氏と会話をしていて自分の知識を披露する場面があります(決してひけらかしているつもりはないです)。そしてそれはテレビやインターネット、書籍で得た話をしています。それをどうやって頭に入れているのかという話をすればいいのでしょうか。じゃぁそうしましょう。うえみず氏が主に知りたいと思ってる『情報の取捨選択の基準』『ツール』『情報収集のコツ』この3点で章を作ったらいいんすかね。がっかりしますよ。

【情報の取捨選択の基準】

どの媒体でもそうですが、タイトルを読んで興味が湧いたら本文も読んだり、書籍を買ったりと言った感じです。どういう記事が興味が湧くのかと言ったらそれは基準はないです。ジャンルも拘りはないかな。あぁこれどんなことが書いてあるのだろう?的な。でも、テクノロジー系の話なんかはSF感があってなんかかっこいい感じがするから他のジャンルの記事より読むかもしれないです。

【ツール】

ざっくばらんに挙げると、テレビ・書籍・インターネットです。

テレビは点けてることが多いですね。新聞のテレビ欄を見て興味がありそうな番組を録画してます。情報番組らしいものを挙げるならテレビ東京の「WBS」は毎日観てますね。経済番組なので主にビジネスとか金融の話がメインですが、政治のニュースも少し流れるので世相は大体掴めます。ただ僕はビジネスとか金融に全く興味はなくてキャスターの大江さんが美人だから観てます。それ以外だとNHKが多いですね。

書籍は本屋へ行ってタイトルで興味を惹かれたらそのまま立ち読みもせずにレジで購入してます。

インターネットでは、FeedlyというRSSリーダーを使っていくつかのブログやまとめサイト、ニュースサイトをチェックしてます(これもタイトルを読んで興味が湧けば本文へ飛ぶ)。じゃぁ、Feedlyに登録するサイトの基準ですが、Twitterで記事を更新したという内容のTweetを見かけた時によくリンクへ飛んでいた率が高いものですね。(現在TwitterはじめSNSの類いは利用していない)

【情報収集のコツ】

情報収集のコツはないです。僕は子供の頃から友達がいなかったので家に一人でいることが多かったです。周りが友達と遊んだり、彼女とデートをしたり、家族と旅行に行ったりしてる中、ぼくはその機会がなくて偶々読書やインターネットで時間潰しをしているに過ぎません。なので社会とあまり接点を持たずにインターネットや読書でもしてたらいいんじゃないでしょうか。

【最後に】

多分参考にならなかったと思います。ただやることがなくて一人で時間を潰すためにやってることで、それがうえみず氏との会話で少しその成果的なものが見られたに過ぎません。効率のいい情報収集の術はインターネットや書店のビジネス書コーナーに行けば腐るほど量産されているので、そちらを参考にしたほうがいいと思います。言語化されて分かりやすくて参考になるかもしれません。
しかしながら、他人が自分のどの側面を評価しているのかということは、結構意外なことだったりしますね。自分では価値がないと思っていても何かしら評価的に見られているというのは面白いと思いました。

[スポンサーリンク]

【テーマ出題者の感想】

前々から、ぼくはけんぞーさんの情報量に「へー!」と驚かされています。 今回は、そんなけんぞーさんの情報収集・活用術のようなものを引き出せたら、読者の皆さんのお役に立つこともあるのではないかと思いリクエストしました。

読んで分かったのは、2つ。 けんぞーさんは、発言はロジカル風でありながらも本質はバリバリの感覚人間なんじゃないかということと、キャスターの大江さんが可愛いということです。 後者はもういいでしょう。

発言はロジカルすぎるぐらいロジカルに見えるのですが、元を辿ると「なんとなく」「好きだから(嫌いだから)」「興味ある(興味ない)」といった感覚的なものが現れてきます。 複雑に考えてそうに見えるんですが、意外にシンプルな考えの人なんだろうなと。

普段のフェイス・トゥ・フェイスでの対話では随分気を使っているんじゃないでしょうか(笑) 一人で書く文章だからこそ垣間見える部分というか、普段の対話の中ではなかなか感じられない潔さというか遠慮のなさみたいなものを感じました。 そういったギャップは面白かったですね。 その潔さを考えると、次回からはもっとけんぞーさんの価値観に触れられるようなテーマを投げたいと思いました。


パーソナリティ

うえみずゆうき

音楽家。福岡県田川郡出身、福岡市在住。バンドhomesickのボーカルギター、ローカル音楽メディアNarrative代表など。

Twitter @y_uemizu

けんぞー

ニート時々素人物書き。佐賀県在住。けんぞーのショートショートで作品公開中。

SNSの類はやっていません。御用の方はこちらのメールアドレスまで(携帯のキャリアのメールから送られると、返信するとき届かないことがありますので、設定を変更してお送り下さい):koga.ken.20xx@gmail.com